バイトの交通費の相場はいくら?上限はあるの?

バイトをするときの交通費の支給って相場はどれぐらいなのか、上限があるのかって大切ですよね。
せっかく働いたのに、交通費を支払ったらほとんど残らなければ働く意味がなくなってしまいますよね。
バイトの交通費ですが、交通費を支給してくれるところは少ないです。
日雇いのバイトやどうしても人を集めたくて遠方からでも来てくださいってところは、支給してくれたりします。
募集をかけても人が集まらないと、他との差別化を図るために支給してくれるところもあるでしょう。
金額の相場としては、500~1000円程度でしょう。
8時間フルで働いてくれたら支払いますなどの条件がつくこともありますが、時給分を上限として支給してくれる企業があります。
金額の上限は、企業ごとに決められているので、相場はいくらと一概にいうことは出来ません。
田舎で行うイベントでどうしても人が必要だというケースでは、交通費5000円まで支給しますといった募集をかけることもあります。
バイトは、住んでいる近くで探すことが多いです。遠方まで行く場合は、時給が高い企業に応募したほうがいいでしょう。
1日トータルで考えた場合に、どれが一番特になるのかを計算したほうがいいでしょう。

101

交通費を節約するために自転車を使ったり歩くのはダメなの?

交通費を節約するために職場に申請した交通機関を使わず、自転車や歩くことを通勤手段することはよくありそうなことです。
まったく悪気がなく例えば最寄り駅までバスで通勤すると申請していても、バスが時間通り来ないことが続いて、自転車で駅まで行ってみたらその方が早かったからそれ以来自転車で駅まで通っている、なんてことは珍しくありません。
気がついたら実際の交通費は節約されていますが、会社から支給される交通費はバス代を含んでいるので、その分得した気持ちになりますし、わざわざ申請し直すのも面倒くさいと思うかもしれません。
しかし、申請済みの交通機関を使わずに歩くことは健康にはいいかもしれませんが、実はとても危険なことですし、これは立派な違反になります。
しかも、もしそのことが会社にわかってしまったら、会社は過去に遡って余計に支払った交通費の返還を請求することができます。
下手をしたら懲戒処分になってしまうかもしれません。
なので交通費は節約できるし、自転車や歩くのは身体にいいからと、軽い気持ちで勝手に通勤手段を変えるのはやめましょう。
後から、歩くことで節約できたと思った分をまとめて請求される、なんてことがないように正しく申請することをおすすめします。

102

車の交通費の計算方法を教えて!

自分が乗っている車の燃費はわかっていますか?
カタログ通りの燃費を、実生活の使用で出すことはできません。
今一度、車の燃費を計算して、交通費を正しく把握されてみてはいかがでしょうか。
計算の方法は、単純です。まずはガソリンを満タンに入れたときに、車のタコメーターをリセットします。
それから次に給油する時、その走行距離と、給油量をレシートか何かに控えておきます。燃費は、走行距離を給油量で割るだけです。
この方法で、年間を通して交通費を見てみると、季節によっても燃費に差があることが分かります。
一番負担の大きいのが、夏の冷房です。冬の暖房は、エンジンの熱を利用しているため、燃費にはあまり影響しないようです。
ほかにも、例えば複数の人と乗り合いで、ドライブする際にも、この計算は応用できます。
2人以上で長距離の移動ならば、鉄道よりも車の方が、交通費を抑えられる場合が多いです。
運転手を交代しながら、旅行を楽しめると良いでしょう。
この時の計算方法は、まず出発時に給油をしてガソリンを満タンにすることです。
また、旅行の帰り道で最後に満タンにすれば、どれだけの費用がかかったのか分かります。
車を出してくれた方への気遣い等も必要ですが、おおよその金額はこのようにして割り出すことができます。

103

関連サイトがあります

交通費について色々と知識が深まったかと思います。
ただ、交通費の節約などについて何かと思いを巡らせているということは、今手持ちのお金をより使わない状況にしたいという方もいるでしょう。
状況によっては、借金の返済をするために、何かと節約をしていこうと考えている方もいるかもしれません。
もしあなたがそういう状況なら、借金苦の地獄からはい上がるためにはこの部分で紹介している関連サイトがあなたの光になるでしょう。

借金苦から脱出する方法として必要な第一歩は何でしょう

借金苦から脱出するために有効な方法には債務整理が挙げられますが、手続きを踏むためには弁護士や司法書士の協力が大切になります。
その前に、今ある複数のローンをまとめて一つにする、「おまとめローン」と呼ばれるものを検討しても良いです。まとめる事で、借りたお金をまとめない場合よりも金利を低く抑えられる可能性があります。
いろいろな方法があるので、よく考えたほうが得策ですね。